人間は魔法は使えません。多分。

しかし、ビジネスにおいては「魔法」に近いものは存在します。

その魔法の名前は「セールスコピー」。

直訳すると、売るための文章です。

なぜ、魔法のようかというと、売れるコピーは、「ウェブや紙に書いた文字」が自分の代わりにお金を稼いで来てくれます。

しかも365日、24時間休むことなく売れ続けていきます。なおかつ、セールスコピーは減ることもありません。

まさに、ビジネスにおいて魔法のようなスキルです。

ほとんどのビジネスの問題は、売れるコピーがない事が問題となっています。

売れるコピーさえあれば、あとはホームページだったり、セールスレターだったり、ニュースレターだったりを使って、できるだけたくさんの人に見せていきます。

セールスコピーを見たお客さんは、セールスコピーが魔法のようにお客さんの意識の中に入り込み、あなたの商品が欲しくてたまらない状態にしてくれます。

後はお客さんがあなたの商品を買ってくれるのを待つだけです。

これでもうあなたは、売上不足に悩むこともないでしょう。

ただし、この魔法のような「セールスコピー」を書くことのできる「セールスコピーライター」は圧倒的に数が不足しています。

私も早くこの「魔法」が上手く使えるようになりたいと思っています。

そうすれば、売り手も買い手も、どちらももっとたくさんの人たちを幸せにしてあげることができるから。