仕事をしていくなかで、お客さんに対して好感触なときに「何とか契約させてやろう」という欲がでると、まずうまくいきません。

マーケティングの原則の一つに、「人は感情でモノを買い、論理で正当化する」という言葉があります。

ほとんどの人が「自分で決めてモノを買いたい」のです。

「何とか契約させてやろう」と思ってしまうと、売り込みに走ってしまいます。

売り込みに走ってしまうと、あの手この手でお客さんを操ろうとしても、お客さんの感情が動くことはまずありません。

人は売り込まれるのが嫌いです。

「自分で決められない」からです。

たとえ、売り込まれたとしても、売り込みのなかから買う理由を探して「自分で決めて」買いたいのです。

一流の営業マンに共通していることは、彼らは売り込みをほとんどしません。

しかし、どうすればお客さんが商品やサービスを買ってくれるかを知っています。

あなたがもし、お客さんに売り込みをかけてうまくいっていないようであれば、まずはあなたのお客さんが、あなたの商品やサービスのどの部分に価値を感じているかを尋ねてみてください。

その価値を、あなたのお客さんに「買う理由」として、提供してあげることができれば、あなたの商品やサービスをお客さんは喜んで買ってくれるでしょう。