長い間更新をしていませんでした。

理由はいろいろありますが、本日から再開していきますのでよろしくお願いします。

さて、更新をしていなかった理由の一つに鹿児島の実家へ長期間帰っていたことがあげられます。

実家に帰った理由は、母親が大きな病気にかかり、父も入院したりして実家の生活環境がかなり大きく変わったためです。

両親だけでは手に負えない部分もあったため、妻の理解と協力もあり、私が実家に帰って両親の生活環境を整えてきました。

介護離職という言葉は以前から知っていましたが、自分にはあまり関係ないと思っていました。

しかし今回、両親の病気を機に以前勤めていた会社を辞めることになったので、まさか自分が介護離職をすることになるとは・・・。

 

こういった介護離職などの予期せぬリスクを最小限に抑える方法は大きく分けて二つあります。

一つは「資産をもつ」こと、もう一つは「保険をかける」ことです。

今回、介護により失った仕事をリスクの例にあげると、「資産を持つ」とは、難関資格をもっていたり、突出したスキルを持っていたりすることです。難関資格や突出したスキルがあると、いったん仕事を離れてもすぐに復職できたり、仕事の需要が多いため短時間勤務などの融通がきく仕事を見つけやすいことが多いです。また、場合によっては起業するのもいいでしょう。

「保険をかける」とは、副収入を持っておくことです。副業や不動産投資などによって、本業以外にも収益があれば、いざ本業ができなくなっても、多少なりとも収入があることは、生活を営む上でかなりプラスになります。また、場合によっては副業を本業にすることもできるでしょう。

 

「資産をもつ」「保険をかける」どちらがいいと考えるかは人それぞれでしょうが、どちらか持っておくと自身の将来にとって、必ずやプラスとなってくれると思います。

 

ちなみに私はどちらも大して持ちあわせてないので、今から貯めなくてはいけませんが・・・。