お仕事とは、個人的には自分の価値とお金の交換だと考えています。

自分が持つ知識や技術になどの「価値」に対して、他の人が必要性を感じてくれたとき、仕事としてお金が手に入ります。

会社員であれば会社が、経営者であればお客さんが、あなたの「価値」に対してお金をあなたに支払ってくれます。

 

当然収入を上げたければ、自分の「価値」を高めるしかありません。

「価値」を上げるためには、経験を積んだり、自主的に勉強をしたり、資格を取ったりすることなどが考えられます。

しかし、いくら自分で「価値」を高めたと思っていても、相手がそれの「価値」を評価してくれなければ、あなたの収入はあがりません。

会社員であれば会社が、経営者であればお客さんが、それぞれ相手が求める「価値」を高めることが必要となってきます。

 

それとともに、きちんと相手に「価値」を伝えることも必要です。

日本人は協調性を重んじるためか、なかなかシャイな人が多いためかわかりませんが、高い「価値」を持っているのに、相手に伝えるのが上手くない人が多い気がします。

自分の「価値」は積極的に、かつ相手に嫌われないよう上手に伝えていきましょう。

それが収入に繋がっていきますよ。

併せて、相手があなたに「価値」を感じてくれることで、それがあなたへの感謝に変わります。

会社の上司やお客さんから感謝の言葉をもらえたら、あなたの仕事のモチベーションにも繋がってくれるでしょうしね。